--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
21

別子ライン

日本三大銅山の一つである別子銅山が新居浜市にあります。

市内中央部を流れる国領川上流、足谷川に架かる朱色鮮やかな生子橋から
道の駅マイントピア別子・鹿森ダム・遠登志渓谷・清滝等を経て、
河又に至る延長約10kmの渓谷景勝地を『別子ライン』といいます。

今回は、標高750mの山中にある東平(とおなる)地区まで
足をのばしました。
山道をどんどんどんどん上って行きます
(道が細いので、ご注意!)

東平は、大正5年~昭和5年に採鉱本部が置かれていて
昭和48年の別子銅山閉山の時まで、鉱山で働く多くの人が社宅に住み、
小・中学校があった場所で、産業遺跡が残っています。

ペルーにある世界遺産『マチュピチュ』に似てることから
『東洋のマチュピチュ』と言われてるらしい。。



200911210011.jpg



鉱石運搬から日用生活品までを運んでいた主要輸送機関の索道停車場跡や
鉱石を一時的に保管していた貯鉱庫を見ることが出来ました。


200911210004.jpg



200段以上ある階段を駆け上る、りお&パパ

200911210003.jpg




200911210002.jpg




200911210001.jpg




200911210008.jpg





200911210009.jpg




東平から道の駅マイントピア別子への移動中、
紅葉の名所である『清滝』に立寄りました。
落差60mを誇る清滝はえひめ自然百選のひとつにも選ばれたそうです。
道路端に車を止めて、撮影されている方がたくさんいました。



200911210010.jpg


今年はなんだか紅葉はイマイチですねぇ~
時期が早いのかな・・・?


関連記事
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

りおなダイアリー

プロフィール


カレンダー


最近の記事


カテゴリー


I love Rio


月別アーカイブ


ブログランキング


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。